転職サイト

エンジニアに強いおすすめ転職サイト厳選7社比較ランキング【2024年最新】

daitenshokuroad
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

まずはエンジニアにおすすめの転職サイトランキングをどうぞ!!
各転職サイトのメリット・デメリットの解説は記事内にあります!

【2024年最新】エンジニアに強いおすすめ転職サイト厳選7社比較ランキング
転職サイトおすすめ度ポイント転職サポート
マイナビITエージェントマイナビITエージェント 5.0 まずは登録して間違いない大手
ITエンジニアの年収アップ率は73.7%
圧倒的な求人数
レバテック キャリアレバテックキャリア 4.8 職種ごとの専門アドバイザー
初回提案の内定率90%
開発・インフラ系の求人が多数
GeeklyGeekly(ギークリー) 4.7 年収アップ率81%
業歴11年以上のIT転職ノウハウ
求人数2万件以上、東京・神奈川・埼玉・千葉エリアのIT特化型転職サイト
TechClipsエージェントTechClipsエージェント 4.5 自社サービスを持つ事業会社の求人に特化
年収500万円以上の求人のみ
年収UP率93%!
paiza転職paiza転職 4.4 独自のプログラミングテストの結果を
転職活動に使用できる
プログラミングスキルが高い人ほど転職が有利
ランク次第では企業からのスカウトメールが届く
転職ドラフト転職ドラフト 4.2 年収UP率96% / 平均年収UP額179万円
オンライン、無料、無制限のレジュメ作成サポート
厳選された優良IT/Web系企業約260社からダイレクトスカウトを受け取ることができる
社内SE転職ナビ社内SE転職ナビ 4.2 社内SEに特化したエンジニア専門の転職サイト
IT業界に精通したコンサルタントに相談できる
社内SEの案件数が業界TOPクラスで非公開求人も多数
だい
だい

5回の転職で年収1000万円を達成しているだいです。
上記の悩みを解決する記事を書きました!

この記事ではエンジニアにおすすめの転職サイトを紹介します。
ランキング形式ですが、各転職サイトには特徴があります。
転職活動をはじめたばかりのあなたは、まずは転職サイトを3つ選んで登録することをおすすめします!

記事の後半では転職サイトの選び方転職サイトを利用するコツもまとめています。
ぜひ参考にして転職活動を進めてください!
転職を成功させましょう!

もくじ
  1. エンジニアに強いおすすめ転職サイト厳選7社比較ランキング
  2. 【エンジニア向け】転職サイトの選び方3つのポイント
  3. 【エンジニア向け】転職サイトを利用する時の流れ
  4. エンジニアが転職サイトを利用する5つのコツ
  5. 転職サイトの5つの注意点
  6. エンジニア転職を成功させる7つのポイント
  7. 転職についてよくある質問5選
  8. まとめ|まずはエンジニアにおすすめの転職サイトから3社登録してみましょう!

エンジニアに強いおすすめ転職サイト厳選7社比較ランキング

エンジニアにおすすめの転職サイト比較ランキングです。 特にトップ3は登録しておいて損のないおすすめのサイトです。

わたしも転職するときは複数の転職サイトを使っていました。
その結果として、希望する企業を比較して冷静に見極めることができたんです。

転職サイトを見比べて、ぜひあなたに合いそうな転職サイトに登録してみてください。
それが転職への第一歩です!

1
転職初心者におすすめ!

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT
おすすめ度 5.0
特徴1|関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
2|20〜30代の転職サポートに強い!企業の人事&採用担当との太いパイプを持つ
3|応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート
取扱職種・プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー(WEB、オープン、汎用、制御・組込)
・システムエンジニア(WEB、オープン、汎用、制御・組込)
・プログラマー(WEB、オープン、汎用、制御・組込)
・社内SE
・ネットワークエンジニア
・サーバーエンジニア
・セキュリティエンジニア
・データベースエンジニア
・システムコンサルタント(業務系、テクニカル系)
・パッケージ導入コンサルタント(ERP、CRM、SCM等)
おすすめの人関東エリアの20代〜30代(東京・神奈川・埼玉・千葉)
合わない人・ハイクラス転職を目指す人
・IT・Web業界未経験の人
詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪

マイナビITエージェントは、IT・Webエンジニアの転職に特化しています。
大手の転職サイトなので、転職を考えているのであれば登録しておきましょう。
特に関東圏の求人に強いため、関東での転職を考えている20〜30代のエンジニアにおすすめです。

IT・Webエンジニア業界専任のキャリアアドバイザーが、ベンチャーから大手企業まで多くの選択肢から最適な求人を提案してくれます。
転職を考えているなら多くの選択肢があるほうが有利です。
国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこその安心感があるのもいいですね。

だい
だい

マイナビITエージェントは、わたしも登録していました。
求人数はほんとうに多いです。

一般に公開されている求人だけではなく、非公開求人も多いので、まずは登録してキャリアアドバイザーに相談してみると転職へのイメージが掴めます。

応募書類の準備や面接対策などの支援も充実しているため、はじめて転職活動を進める方にもマイナビITエージェントがおすすめです。
転職支援を受けながら、どのような求人があるか、スキルと年収の相場感がどうなっているかを知っておきましょう!

詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪
2
IT業界のハイクラス転職におすすめ!

レバテックキャリア

レバテックキャリア
おすすめ度 4.8
特徴1|職種ごとに専門アドバイザーが在籍
2|初回提案の内定率90%
3|開発・インフラ系の求人が多数
取扱職種・ネイティブアプリエンジニア
・バックエンドエンジニア
・フロントエンドエンジニア
・インフラエンジニア
・プロジェクトマネージャー
・ITコンサルタント
・セキュリティコンサルタント
・AI・機械学習エンジニア
・データサイエンティスト
・社内SE
・組込・制御エンジニア
おすすめの人・ハイクラス転職を狙っている人
・20代後半〜40代前半のIT・Web業界経験者
合わない人・50代以上の人
・IT・Web業界未経験の人
詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪

レバテックキャリアは、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれた実績があるITエンジニア経験者専門の転職エージェントです。
5000件以上のハイクラス求人を持っているため、とくにハイクラス転職を狙っているエンジニアにおすすめです!

保有求人7000件以上のうち、8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人となっています。
サービス利用者数20万人以上で、年収アップ率77%と言うのも納得ですね。

専任のキャリアアドバイザーからカウンセリングを受けることができるので、はじめてのハイクラス転職にもぴったりです。
60分〜90分ほどの時間をかけてキャリアの棚卸しからあなたの強みの発見を手助けしてくれます。

だい
だい

何が自分の強みなのかは、なかなか自分では分からないものです。
第三者の目線でアドバイスをもらうことは貴重な体験ですよ。

年収600万円以上のハイクラス求人を狙っているIT・Webエンジニアの経験者はレバテックキャリアに登録してみてください!
キャリアの整理もでき、年収アップの転職も狙えるので転職初心者の方にもおすすめです!

詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪
3
関東圏IT業界特化!

Geekly(ギークリー)

Geekly(ギークリー)
おすすめ度 4.7
特徴1|年収アップ率81%
2|業歴11年以上のIT転職ノウハウ
3|求人2万件以上、東京・神奈川・埼玉・千葉エリアのIT特化型転職サイト
取扱職種・エンジニア
・デザイナー
・ゲーム
・IT営業
おすすめの人・IT・Web業界経験者で同じ業界の転職を狙っている人
・20代〜50代の東京・神奈川・埼玉・千葉で転職先を考えている人
合わない人・東京・神奈川・埼玉・千葉以外で転職を考えている人
・IT・Web業界未経験の人
詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪

Geekly(ギークリー)は、IT業界特化型の転職サイトです。
大手を含めて2万件以上のIT特化型求人を保有しているため、IT業界で経験を積み、ステップアップや努めている企業を変えたいあなたにおすすめです!

IT業界で11年以上の経験がありIT転職ノウハウが充実しています。
少数精鋭のエージェントによるサポートもあるため安心です。

だい
だい

年収アップ率81%、平均年収アップ額は76万円とIT業界特化の実績は頼もしいですね。
IT業界は常に人手不足が続いているため個人的にはもう少し高い年収アップ額でも不思議ではないです。

転職前に住んでいる地域は不問で、転職先の希望が東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県になります。
IT業界で転職先の地域が絞られているため、属性があっている人には結果がでやすくなっていますね。
IT業界と関東圏での転職を狙っているならGeekly(ギークリー)に登録しましょう!

詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪
4
IT業界の事業会社に特化!

TechClipsエージェント

TechClipsエージェント
おすすめ度 4.5
特徴1|自社サービスを持つ事業会社の求人に特化
2|年収500万円以上の求人のみ
3|年収UP率93%!
取扱職種・ITエンジニア
おすすめの人・自社サービスを持つ事業会社に転職したいエンジニア
・年収500万円以上を狙っているエンジニア
合わない人・エンジニア以外の人
・いろいろなサービスの開発に携わりたい人
詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪

TechClips(テッククリップス)エージェントは、ITエンジニア専門の転職エージェントです。
経験豊富な現役エンジニアがキャリアコンサルタントを務めています。
これは他の転職サイトとは違う特徴ですね。

持っている求人情報は、自社サービスを持つ事業会社に特化しています。
開発会社が苦手で自社サービスに関わりたいエンジニアにおすすめです!

5000件以上の求人がすべて事業会社で年収500万円以上の高年収!
現役エンジニアのキャリアコンサルタントが、業界専門知識を駆使して転職活動をサポートしてくれます。
その結果、93%の方が年収UPに成功しているという実績が頼もしい。

だい
だい

業界特化型の転職エージェントは、エンジニアには特におすすめです!

ITエンジニア経験者で、自社サービスを持つ事業会社への転職を考えているあなたにおすすめです!
業界特化&事業会社特化という攻めた特徴があるので、目指す方向性がハッキリしているなら良い結果が期待できますよ。

詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪
5
プログラミングスキルが転職に直結!

paiza転職

paiza転職
おすすめ度 4.4
特徴1|プログラミングテストの結果を転職活動に使用できる
2|プログラミングスキルが高い人ほど転職が有利
3|ランク次第では企業からのスカウトメールが届く
取扱職種・ITエンジニア
おすすめの人・プログラミングスキルに自信のある人
・自身のスキルに対して適正に評価をしてくれる転職先を探したい人
・転職エージェントとのコミュニケーションが面倒な人
合わない人・プログラミングに自信がない人
・転職エージェントに相談して転職を進めたい人
詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪

paiza転職は、ITエンジニアのスキルを可視化して、実力重視で企業とマッチングする転職サイトです。
プログラミングのスキルに自信があるエンジニアには特におすすめです!

なぜなら、paiza転職にはプログラミングスキルを可視化するためのオリジナルテストがあるからです。
この仕組みによりエンジニアのスキルが可視化され、求人企業とのマッチングが行われるというわけです。
こうしてスキルのミスマッチが起こらないようにしているんですね。

だい
だい

スキルに自信があるエンジニア向けです!

プログラミングのスキルが高ければ企業からスカウトも期待できます。
転職エージェントとのコミュニケーションが面倒だと感じているエンジニアは登録してスキルチェックを受けてみてください。
自身のスキル1本で転職活動ができるため、ある程度経験のあるエンジニアには特におすすめです!

詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪
6
企業からスカウトが届く!

転職ドラフト

転職ドラフト
おすすめ度 4.2
特徴1|年収UP率96% / 平均年収UP額179万円
2|オンライン、無料、無制限のレジュメ作成サポート
3|厳選された優良IT/Web系企業約260社からダイレクトスカウトを受け取ることができる
取扱職種・ITエンジニア
・Webエンジニア
おすすめの人・スカウトを受けたい人
・忙しくて転職活動の時間を捻出しにくい人
合わない人・積極的に転職先企業を探したい人
・IT業界未経験の人
・希望する転職先が関東圏、関西圏以外の人
詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪

転職ドラフトは、レジュメを登録すれば企業からのスカウトを待つだけのお手軽転職サービスです。
忙しくて転職活動の時間が取りにくいエンジニアにおすすめです!

サイト登録後に自身のレジュメを作成します。
レジュメの作成が初めてでもオンラインでサポートを受けることができます。年間に1000以上のレジュメを添削している専門家のサポートが無料なので安心ですね。

転職ドラフトでは、今の年収は非公開で選考が行われてスカウトが届きます。
スカウト時点で内定年収が分かるため、転職にありがちな「今の年収から、内定年収が決まる」ということがありません。
提示された年収に納得した企業だけを選んで選考に進めるため、年収のミスマッチを防ぎ、効率的に転職活動を行うことができます。

だい
だい

年収の交渉を苦手と感じるなら転職ドラフトを使ってみましょう!

レジュメが前提でスカウトが来るため、実績が豊富なITエンジニアには特におすすめです!
あなたの経験から導き出された市場価値(=年収)を客観的に知ることもできますよ。
まずは登録して経験とスキルの棚卸しをし、企業からのスカウトを待ちましょう!

詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪
7
社内SEの転職に特化!

社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビ
おすすめ度 4.2
特徴1|社内SEに特化したエンジニア専門の転職サイト
2|IT業界に精通したコンサルタントに相談できる
3|社内SEの案件数が業界TOPクラスで非公開求人も多数
取扱職種・開発エンジニア
・インフラエンジニア
・サポートエンジニア
・セキュリティエンジニア
・ゲームエンジニア
・テストエンジニア
・データ分析
・デザイナー
・社内IT戦略
・企画
・情報システム
・ITコンサルタント
・Webマーケティング
おすすめの人・社内SEを目指す人
・関東圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)と関西圏(大阪・京都)での勤務を考えている人
合わない人・社内SEは合わないと思っている人
詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪

社内SE転職ナビは、社内SEに特化したエンジニア専門の転職サイトです。
社内SEの定義は「客先常駐がないこと」とされ、情報システム部門から自社開発まで幅広い職種に対応しています。
社内SEを転職希望にしているエンジニアは登録必須です!

社内SE転職ナビでは、IT業界に精通したキャリアアドバイザーに相談できます。
その結果、社内SEの案件が平均25社も紹介されるため希望に沿った転職活動が可能!

だい
だい

社内SEへの転職特化型という特徴が唯一無二!

繰り返しますが、転職先の条件のひとつに「社内SE」があるなら、社内SE転職ナビに登録しましょう!

詳細を確認するなら

     

無料で簡単♪

【エンジニア向け】転職サイトの選び方3つのポイント

転職活動では、転職サイト・転職エージェントへの登録が一般的です。
ですが、どの転職サイト・転職エージェントに登録すればいいのか迷ってしまうほどに多くのサービスがありますよね。

ここからはエンジニアが転職サイト・転職エージェントを選ぶ時のポイントを3つご紹介します!
ぜひ参考にしていただき、あなたにあった転職サイト・転職エージェントを選んでください!

1: エンジニア求人を多数取り扱っていること

エンジニアとしての転職を考えているなら、エンジニア求人を多数取り扱っている転職サービスに登録すべきです。
転職するにあたって多くの企業の中から転職先を検討できたほうが、希望の職種や年収を獲得できる可能性は高くなります。

エンジニアには、IT・WEB業界に特化している転職サービスがおすすめです!

業界特化の転職サービスと言っても、扱っている職種は様々です。
Web系、インフラ系、組み込み系、ゲーム系など、転職サービスによっては得意分野があります。

あなたが目指す職種に対応した転職サービスを選んで登録しましょう!

2:キャリアアドバイザーがエンジニア、またはIT業界の出身者であること

IT業界で転職を考えているエンジニアなら、転職エージェントのキャリアアドバイザーもIT業界の経験を積んでいるかどうかに注目してください。

なぜなら、実際にIT業界の現場を経験しているキャリアアドバイザーであれば、エンジニアの実態や業界企業の見極めを経験をもとに判断でき的確な転職アドバイスができるからです。
実際に転職後に大きなギャップを感じることも少ないでしょう。

転職サイト・転職エージェントを選ぶときに、希望する業界出身のキャリアアドバイザーが在籍しているか確認して登録しましょう!

3:担当のキャリアアドバイザーが信頼できること

あなたが信頼できると感じるキャリアアドバイザーと一緒に転職活動をしましょう!

転職は人生の中でも大きな転機になることが多いものです。
そんな大切な人生のイベントですから、信頼できるキャリアアドバイザーと転職活動を進めることが大事!

キャリアアドバイザーのスタイルも性格も様々です。
思考の方向性やコミュニケーションの仕方、相性もあります。
担当のキャリアアドバイザーとなんでも気軽に相談できる関係でなければ転職も成功しません。

転職エージェントへの登録後、実際に担当者と会ってみて信頼できるか判断しましょう。
信頼できないと感じたら、運営元に連絡をして担当者を変えてもらうこともできます。

だい
だい

オンラインでもいいので担当のキャリアアドバイザーと会うことは大切です。
コロナ禍ということもあって、わたしは転職するまで全てオンラインでのミーティングでした。

転職活動中はキャリアアドバイザーと何度も相談することになります。
そのために、複数の転職エージェントに登録してください!
きっと、あなたと相性の良い信頼できるキャリアアドバイザーを見つけることができるでしょう。

【2023年最新】エンジニアに強いおすすめ転職サイト厳選7社比較ランキング表を見る

【エンジニア向け】転職サイトを利用する時の流れ

初めての転職活動なら、どのような流れで転職サイトを使うのか不安もあるでしょう。
細かい部分は転職サイト・転職エージェントごとに違うこともありますが、大きな流れを把握しておくと不安も軽くなります。

以下からステップをご紹介します!

転職の目的を整理する

まずは転職の目的を整理しましょう。
なんのために転職をするのか、です。

転職の目的は、転職先を絞り込むときの軸になります。
転職することで何を成し遂げたいのかを明確にしましょう!

例えば以下のようなものです。

  • 年収アップ
  • キャリアアップ
  • 新職種へのチャレンジ
  • ホワイトな環境で仕事をしたい

転職する理由は人それぞれのため正解はありません。
あなたの中で納得のいく理由を明確にして転職活動をスタートしましょう!

転職サイトへの登録をする

転職の目的を整理できたら転職サイト、転職エージェントへ登録しましょう。

登録は無料です。
名前やメールアドレスなどの基本情報を入力するだけで登録できます。

はじめは2,3社くらいに登録するのがおすすめです。

各転職サービスが持っている求人情報が違うからです。
あなたに合う転職先が見つかる可能性が上がるため複数の転職サービスを利用しましょう!

応募書類を作成する

転職活動を進めるときに必要なのが履歴書、職務経歴書などの応募書類です。
どの転職サービスでも必要になりますので、各サービスに登録できるように事前にまとめておきましょう。

エンジニアはスキル重視の傾向があります。
そのため職務経歴書は具体的に記載しましょう。
書き方の例は転職サイト、転職エージェントで参考例があります。

書類の作成に不安があっても心配ありません。
書類の作成をサポートしてくれる転職サイトも多いです。
転職エージェントであればキャリアアドバイザーが書類についてアドバイスしてくれますよ。

だい
だい

わたしもキャリアアドバイザーから書類の書き方、強みの打ち出し方などを教えてもらい転職に成功しています。

少し面倒なところもありますが、これからの人生を決める大事な書類なので丁寧に作成しましょう。
焦らなくても大丈夫です。
一度作成してしまえば長く使えます!

転職サイトの担当者と面談をする

転職サイト、転職エージェントでは登録者に専任の担当者がつくことも多いです。

担当者と面談し、あなたの転職目的、希望する求人条件を伝えましょう。
登録した書類についてもアドバイスをもらい、応募書類に磨きをかけてください。

登録した転職サイト、転職エージェントにあなたの希望する求人があるかどうかも確認しましょう。
希望する求人が少ないと思ったら別の転職サイトをメインに使うことも考えてください。
気になる求人が少ないところでがんばっても良い結果には繋がりません。

登録した転職サイト、転職エージェントで転職活動を進めるかどうかの見極めにもなりますので、面談が必要なら時間をとるようにしてください。

求人情報を得る

求人の検索では、転職目的を思い出して求人を絞り込んでいきましょう。

有名企業ばかりではなく名前も聞いたことのない企業であっても検索結果として表示されたらしっかりと求人情報を確認してください。

仕事内容、労働条件が良ければ有名企業ではなくても充分検討に値します。

担当のキャリアアドバイザーからは候補となる企業を紹介してくれます。
ぜひ参考にしましょう。

気になる求人情報がなければ以下を試してみてください。

  • 検索条件をゆるくしてみる
  • 転職サイト、転職エージェントを変える

転職サイト、転職エージェントは多いので利用数を増やすのもひとつの手です。

求人に応募する

求人情報で気になる企業が見つかったら応募しましょう。
ここで応募書類が活躍します。

応募企業から返信がくるタイミングは様々ですが、おおむね1週間くらいです。

書類選考がなかなか通らない状況なら、応募書類を見直してください。
担当のキャリアアドバイザーに相談すると客観的に書類を見直すことができますよ。

面接をする

書類選考の次に面接です。
面接では、経歴、転職理由、志望動機など定型的なものが質問されます。

エンジニアの場合は、即戦力として期待されていることが多いです。
そのため、経歴やスキルを重視されることが多いので、あなたの言葉で語れるように準備しておきましょう。

だい
だい

面接マニュアルは捨てて、あなたの言葉で自信を持って話しをしましょう!

最近ではオンライン面接が多いですが、身だしなみにも気をつけてください。
背景が散らかっていないか、寝癖はついていないか、顔は光の加減で暗くなっていないかなど、最低限の見た目に注意しましょう。
オンラインといえども印象は大切です。

内定をもらう

内定通知は、労働条件や給与などを確認してください。
その後の内定承諾も忘れずに連絡しましょう!

複数企業の選考を待っている状況なら、正直に事情を説明して内定承諾を待ってもらうことも可能です。担当のキャリアアドバイザーにも連絡して相談しましょう。

内定承諾を連絡して、入社が確定するまで現職へ退職することは伝えないのが望ましいです。

入社日の相談をし確定する

最後に入社日の調整をしましょう。
現職の案件状況も踏まえて退社日を調整し、内定先への入社日を決めます。

現在の案件の引き継ぎをどうするか社内調整で時間がかかる場合もあります。
そのときは内定先にも相談して入社日を伸ばすなど調整しましょう。

だい
だい

わたしは入社日を3ヶ月待ってもらいました。
関わっているプロジェクトを途中で抜けることができなかったためです。

転職エージェントであれば、内定先の入社日は担当のキャリアアドバイザーが調整してくれますよ。

エンジニア業界は狭いので円満退社を心がけましょう。

エンジニアが転職サイトを利用する5つのコツ

エンジニアが転職サイト、転職エージェントを利用するコツを5つお伝えします!

転職を成功させるためには、転職サイト、転職エージェントの利用は避けて通れません。
どのコツも実践しやすいものになっています。

転職サイト、転職エージェントを上手に活用してエンジニア転職を成功させましょう!

1:今すぐに転職したいと伝える

転職エージェントとの面談では、すぐにでも転職したいと伝えましょう!

理由は、良い求人を最優先で紹介してもらいやすくなるからです。

実際に、転職エージェントは早く売上に繋がりやすい転職時期が早い候補者を優先して対応する傾向があります。
そのため、転職時期が不明であれば転職エージェントの中で優先度が下がってしまいます。

また、良い求人はすぐに募集が終わってしまうこともあります。

転職時期が不明でも、内定が決まってから調整すればいいだけです。

とうわけで、転職時期は「すぐにでも」と伝えましょう!

2:率直に要望を伝える

転職エージェントでは、あなたの希望する転職条件はすべて伝えましょう!
遠慮することはありません。

なぜなら転職は人生でも大きな節目になるからです。
ここで遠慮しても良い結果には繋がりません。

例えば、年収、働き方、福利厚生など、あなたの理想とする働き方を伝えましょう。
そのあとで判断するのはキャリアアドバイザーの仕事です。
あなたの希望が自身のスキルと見合っているのか、希望と合う求人はあるのか、キャリアアドバイザーと相談してください。

繰り返しになりますが、キャリアアドバイザーには遠慮せずにあなたの転職希望条件を伝えましょう。

3:自身のキャリア、スキルで嘘をつかない

転職を成功させようとしてあなたの経験やスキルを過大に伝えるなどの嘘をついてはいけません!

理由は2つあります。
ひとつめは、転職後に経験やスキルに見合わない難しい仕事を任されてしまい、仕事がうまくいかずに社内で立場が悪くなることがあるからです。
ふたつめは、入社後にキャリアアドバイザーと転職先企業間でやり取りがあり、虚偽の情報を報告する人物として登録されてしまう場合があるため。

だい
だい

あなたに合った企業でなければ、転職成功とはなりません!

大切なことは、あなたの経験・スキルは正しくそのままを伝えることです。
そのうえでどこを強みとして打ち出せるかをキャリアアドバイザーと相談しましょう。
強みとして磨き上げることと、嘘をついて大きく見せることは違います!

4:担当キャリアアドバイザーとの相性を確認する

担当のキャリアアドバイザーがいるなら、あなたとの相性を意識してください。

なぜなら、キャリアアドバイザーとの意思疎通が転職の成功に大きく関わってくるからです。

実際に求人はキャリアアドバイザーから紹介されますし、転職の相談も担当者と行います。
そんな中で、話しが伝わらない、コミュニケーションしにくいと感じることがあると希望している求人にたどり着くことが難しいです。

担当のキャリアアドバイザーとの相性が良くないと感じたら、担当の変更を依頼してみてください。

だい
だい

お互い人間ですから、合う合わないの相性は出てくるものです。

変更自体は問題にはなりません。
ただし、頻繁に担当者を変えたり失礼な態度を取り続けるということはないようにしましょう。

繰り返しになりますが、担当のキャリアアドバイザーとの相性は早いうちに確認しておいてください。

5:転職サイトは複数登録する

転職サイト、転職エージェントには複数登録して転職活動をしましょう。
はじめは3社程度をおすすめします!

理由は、なるべく転職候補の企業を増やすため、つまり転職先の選択肢を多くするためです。

転職サイト、転職エージェントは多く存在しており、それぞれが独自の求人情報を持っていることが多いです。
しかもその情報は非公開になっていることも多く、魅力的な条件の求人も多数あります。

あなたの希望する転職条件に合う魅力的な求人情報を多く得るためにも、転職サイト、転職エージェントには複数登録しましょう。
ただし、転職活動に慣れていない場合は、大手3社程度にしておくのが無難です。
ある程度転職活動に慣れてきたら徐々に転職サイト、転職エージェントへの登録を増やしていきましょう!

【2023年最新】エンジニアに強いおすすめ転職サイト厳選7社比較ランキング表を見る

転職サイトの5つの注意点

転職サイト、転職エージェントを利用して転職活動をするときに気をつけるポイントがあります。

転職活動を成功させるためにも注意してください。

代表的な5つをご紹介します。

1:同じ企業の求人に重複エントリーはしない

求人企業によっては複数の転職サイト、転職エージェントに同じ求人情報を掲載しています。
だからといって、別の転職サイトから同じ会社の求人に何度も応募するのはやめましょう。

なぜなら、転職サイトが違っても求人企業の担当者は同じ人の場合が多いからです。
その場合、複数の転職サイトからの応募が同じ人から何度もあると不信感に繋がります。

もしも応募に落ちた場合でも、その企業を諦めきれないのなら応募した転職サイト、転職エージェントから再度応募しましょう。
担当のキャリアアドバイザーがいる場合は、相談のうえ対応を検討してください。

繰り返しますが、同じ求人に複数の転職サイト、転職エージェントから応募するのはやめましょう。

2:記載の求人情報が正しいとは限らない

転職サイト、転職エージェントに掲載されている求人の情報は正しいものばかりではありません。

理由は、企業が早く人員を欲しくて良い条件ばかりを書いている、またはテンプレートのままに掲載して修正をしていないなどが考えられるからです。

求人情報に違和感を感じたら、その企業に直接確認しましょう。

だい
だい

企業に聞きづらい時はキャリアアドバイザーに問い合わせましょう。

大切なことは、求人情報をすべて正しいと信じるのではなく、70%くらいを信用するという気持ちで情報収集することです。
情報を信じるのは、実際に確認してからにしましょう。

3:キャリアアドバイザーのレベルが低いこともある

転職エージェントのキャリアアドバイザーのスキルは、全員が高いわけではありません。

なぜなら一般的な企業と同じようにキャリアアドバイザーにもベテランもいれば新人もいます。

実際に担当のキャリアアドバイザーはランダムに割り振られますので、スキルが低いキャリアアドバイザーがあなたの担当になることもあるでしょう。
転職活動がうまく進まないと感じたら、キャリアアドバイザーの変更を依頼してください。
担当者の変更は可能な場合が多いものです。

おさらいです。
キャリアアドバイザーのレベルには幅があることを認識しておきましょう。

4:希望に合わない求人情報を紹介される場合がある

あなたが希望している条件に合った求人が見つからない場合もあります。

理由は求人している企業の需要は流動的なため、求人タイミングによっては希望条件を満たす企業がないためです。

だい
だい

求人タイミングは運なので、ある程度しょうがないと思って割り切りましょう!

転職サイト、転職エージェントを変えて求人情報を探すのもおすすめです。
各サイトで取り扱っている求人企業が違うため、もしかするとあなたの希望条件にぴったりの企業が見つかるかもしれません。

繰り返しますが、あなたが希望している条件に合った求人が見つからないこともあると覚えておいてください。

5:希望する条件にこだわりすぎない

希望する求人がなかなか見つからないのであれば、希望条件をゆるくしてみましょう。
とはいえ、すべてを諦めるのではなく、希望条件に優先度をつけてください。

希望条件をゆるくする例をご紹介します。
例えば以下のような希望条件があるとします。

  • 年収650万円以上
  • フルリモート

希望条件を以下のようにゆるく調整します。

  • 年収650万円以上 → 年収600万円以上
  • フルリモート → 週2日程度なら出社も可能

このように条件を緩めたり、「フルリモート」の条件をなくすなど柔軟に対応すれば、より効率的な転職活動に繋がります。
条件がゆるくても、思いがけない高待遇の企業が見つかることだってありえます。

だい
だい

希望条件に優先度順に番号を振っていくやり方もあります。
上位3番目までは譲れない!などと設定しましょう!

というわけで、希望条件にはこだわりすぎないようにしましょう。

エンジニア転職を成功させる7つのポイント

転職を成功させるために大切なポイントを押さえて転職活動をはじめましょう!

IT業界では常に人手不足で、エンジニアの需要は高まっています!
転職して年収を大きくあげるエンジニアも珍しくありません。

だい
だい

わたしも転職で年収を350万円ほどアップさせています!

エンジニアの中には面接や自己PRを苦手とし、市場価値以下の年収で働いているという方も多いです。

以下の転職を成功させるポイントを押さえて、あなたの転職活動に活かしてください!

1:転職の目的をはっきりさせる

転職してから後悔することがないように、転職の目的をはっきりさせておきましょう。

そうすることで、転職の軸ができるため応募企業を選択するときに迷いがなくなります。
面接の受け答えでも自信を持って対応できるようになるでしょう。

例えば以下のようなものです。

転職目的の例
  • 年収アップ
  • キャリアアップ
  • スキルアップ
  • 新職種へのチャレンジ
  • ホワイトな環境で仕事をしたい
  • 自分の実力を適切な市場価値で判断したい
  • 人間関係が良い職場で働きたい
  • 休日を多く取ってプライベートを充実させたい

大切なことはあなたの転職目的をはっきりさせることです。
自分自身と向き合う時間を取って、転職の目的を整理してみましょう。

2:自身の市場価値を理解する

あなたの市場価値を理解していますか?
転職の成功には自分自身の市場価値を理解することが重要となります。

なぜなら、市場価値が年収や待遇に直結するからです。

ですが、エンジニアの多くは社外の情報を知らないか興味がないため、エンジニアとしての市場価値を知らない方が多いのです。

転職活動が初めてであれば、キャリアアドバイザーとの相談を通して、あなたのエンジニアとしての市場価値を理解してください。
市場価値を理解して転職活動をスムーズに進めましょう!

3:複数の転職サイトを利用する

転職を成功させるためには、転職サイト、転職エージェントに複数登録することが基本です。

理由は、登録を増やすことがチェックできる求人情報を増やすことに繋がるからです。
あなたの希望に合った求人情報を見つけるには、選択肢が多いほうが可能性が広がります。

転職サイト、転職エージェントを選ぶときは、サービスの方向性が違うものを選ぶことがおすすめです。
エンジニアであれば基本はIT・Web業界特化型を選びましょう。
その中でも例えば、以下のような組み合わせです。

転職サイトの組み合わせ例
  • 転職サイト+転職エージェント
  • 転職サイト+ハイキャリア向け転職サイト
  • 転職エージェント+ハイキャリア向け転職エージェント

エンジニア向け転職初心者におすすめの転職サイトの組み合わせ具体例は以下です。

エンジニア転職初心者におすすめ!転職サイトの組み合わせ具体例
転職サイトポイント転職サポート
paiza転職paiza転職転職サイト
マイナビITエージェントマイナビITエージェント大手の転職エージェント
レバテック キャリアレバテックキャリアハイキャリア向け転職エージェント

繰り返しになりますが、上記のように転職サイト、転職エージェントは複数利用しましょう。

4:職務経歴書は開発実績を記載し具体的に書く

エンジニアとしての経験があるうえで転職活動をするなら、職務経歴書は実績を詳しく記載しましょう。

なぜならエンジニア転職は即戦力を求められることが多く、開発実績は選考の重要なポイントだからです。

具体的には以下の項目を可能な限り入れるようにしましょう。

開発実績の項目例
  • 関わったプロジェクトの規模(予算と人月)
  • プロジェクトにおける役割
  • 各プロジェクトの業界
  • 各プロジェクトの開発で工夫したこと
  • 各プロジェクトの開発で得たこと・スキル

このように、職務経歴書は具体的に書いてください!

5:30代からはリーダー経験をアピールする

30代からのエンジニア転職では、リーダー経験をアピールするようにしてください。

理由は、エンジニアとしてのスキルが飛び抜けていても、日本で転職活動をするかぎりは30代からはどうしてもリーダー経験が求められるからです。

例えば以下のような経験があれば強みとしてアピールしましょう。

  • リードエンジニアとしてプロジェクトに参加し、3名のエンジニアとチームを組んでいた。
  • 新卒エンジニアの教育係だった。
  • プロジェクトを横断し、テックリードとしてコードレビューをしていた。

繰り返しますが、30代以降のエンジニアはリーダー経験をアピールしましょう。

6:提供価値を具体的にする

応募する求人に対して、あなたが提供できることを具体的にしてアピールしましょう。

人事担当者は、転職希望者が自社でどのように活躍できるかを重要視しているからです。

例えば以下のような切り口であなたが貢献できるかを考えてください。

提供価値の例
  • エンジニアとしてのスキル
  • 問題解決能力
  • コミュニケーション能力
  • リーダーシップ能力
  • 主体性
  • 成長意欲

希望する転職先企業に対して提供できる価値を具体的にすることで、人事担当者への強いアピールとなります。

ぜひあなたの提供価値を考え抜いてアピールしましょう!

7:内定を得るまで退職はしない

転職を成功させるためには、内定を得るまでは退職をせずに準備と計画を立てることが重要です。

なぜなら、希望条件にあう転職先にすぐには出会えないこともあるからです。

今すぐにでも辞めたい職場もあることでしょう。
しかし、内定前に現在の職場を辞めると、安定した収入や雇用の保障が失われてしまいます。
もしも転職活動が長引けば、金銭的にも精神的にも余裕がなくなり、希望とはかけ離れた企業への転職を余儀なくされてしまうこともありえるでしょう。

だい
だい

あせりは禁物です。転職活動は時間をかけてもいいのでじっくりやりましょう!

希望する条件に沿った企業に転職するためにも、現職を続け、金銭的にも精神的にも余裕を持った状態で転職活動をしましょう。

【2023年最新】エンジニアに強いおすすめ転職サイト厳選7社比較ランキング表を見る

転職についてよくある質問5選

転職活動において、よくある質問をまとめました。
あなたの転職計画の参考にしてください。
不安を解消することで、よりスムーズな転職活動が期待できるでしょう。

Q
1:転職サイトは無料ですか?

一般的に転職サイト、転職エージェントは無料で利用することができます。

なぜなら、企業から広告掲載料、転職成果報酬を受け取ることで転職サービスを運営しているからです。
そのため求職者は無料で各サービスを利用することができるのです。

無料ですので、ぜひ複数登録をして転職活動を有利に進めましょう。

Q
2:転職サイトは在職中でも利用できますか?

転職サイト、転職エージェントは在職中でも利用することができます。

実際にほとんどの人が在職中に転職活動をしています。

注意すべきポイントとして、在職中に求人情報を閲覧する際には、個人情報や閲覧履歴が現在の企業にバレないように注意しましょう。
登録情報を指定企業に見せないように設定ができる転職サイトも多いです。
そのような機能を利用して、在職企業をブロックしておきましょう。

Q
3:複数の転職サイトに登録しても良いですか?

複数の転職サイトへの登録は問題ありません。

転職活動に慣れていないうちは3箇所に登録するのがオススメです。

なぜなら、得られる求人情報を増やすことができ、各転職サイトへの対応に追われることもない数だからです。

転職活動に慣れてきたら追加で転職サイトに登録してみましょう。

Q
4:エンジニアが転職する時に有利な資格はありますか?

エンジニアの転職では即戦力を求められることが多く実績が重要視されるため、資格で有利になることは少ないです。

資格を多く持っているよりも、自身でアプリをリリースしているなどの経験のほうが評価されるからです。

資格は経験やスキルの補足にすぎませんが、自身の経験にそった資格であれば実績の裏付けにはなります。

資格を取るときは、経験を裏付ける、補強するという目的で資格を取りましょう。

Q
5:複数回転職していますが大丈夫ですか?

複数回転職していても問題ありません。

なぜなら近年では、複数回転職することが一般的ですし、キャリアの多様性を重視する企業も増えているからです。

複数回転職している場合、これまでの経験や成果を具体的にアピールすることで、価値のある人材として認知されることがあります。

ただし、転職回数が5回ほどと多い場合は、転職理由やキャリアの統一性を説明できることが重要です。

【2023年最新】エンジニアに強いおすすめ転職サイト厳選7社比較ランキング表を見る

まとめ|まずはエンジニアにおすすめの転職サイトから3社登録してみましょう!

エンジニア転職に慣れていない方は、ご紹介した転職サイトにまずは3社登録してみましょう!

IT業界は常に人材不足です。
現在の転職市場はエンジニアに有利ですが、行動しなければ満足のいく環境や報酬を得ることはできません。

転職活動は、成功すれば理想の環境、報酬が手に入ります。
同時にあなたの市場価値も把握でき、エンジニアとしてのキャリアプランを考える絶好の機会になるでしょう。

どの転職サイトに登録するか迷うのであれば、はじめの一歩としてこの記事のランキング上位3つをおすすめします。
以下にまとめました!
いずれも無料で利用できますので登録してみましょう!

だい
だい

あなたの転職が成功するように応援しています!

ランキング1位
マイナビIT AGENT

圧倒的な求人数で安心!

マイナビITエージェントは、IT・Webエンジニアの転職に特化しています。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこその安心感がありますよ。
まずは登録してキャリアアドバイザーに相談してみましょう!

ランキング2位
レバテックキャリア

IT業界のハイクラス転職に!

保有求人7000件以上のうち、8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人となっています。

専任のキャリアアドバイザーからカウンセリングを受けることができるので、はじめてのハイクラス転職にもぴったりです。

ランキング3位
Geekly(ギークリー)

IT業界の転職ノウハウが充実!

大手を含めて2万件以上のIT特化型求人を保有!

IT業界で11年以上の経験がありIT転職ノウハウが充実しています。キャリアアドバイザーからのアドバイスは業界ノウハウも詰まっているため、転職活動の参考にしましょう。

【2023年最新】エンジニアに強いおすすめ転職サイト厳選7社比較ランキング表を見る

\ Twitterからの読者コメントをお待ちしています!/
この記事を書いた人
だい
だい
プロジェクトマネージャー|ブロガー
ブラックなクリエイティブ業界とIT業界を渡り歩きました。

5回の転職で年収1000万円を突破!

今はホワイトな環境で優秀なエンジニアとともに日々難解なプロジェクトに挑んでいます。
記事URLをコピーしました